相澤先生に直接指導を受けられる実習講座 と ミニ・リサイタル ★ 開催報告

平成29年11月15日(日) アトリエ・ムジカ(代々木)


 相澤政宏先生(
東京交響楽団首席フルート奏者・東京音楽大学講師)

プロフィールはこちら

再考:タンギングの重要性
〜種類と使い方 『ゴセック/ガボット』に学ぶ〜

*  *  *

秋の冷たい雨の中、今年も全国からフルート大好きな皆さまが大勢お集まりくださいました。

関東エリアのみならず、

  愛知、京都、奈良、山口からもご参加の方があり、"学びたい"という熱気いっぱいの一日となりました。

短いフレーズですが、一人づつ吹くのを聴いて

丁寧にコメントしてくださるなど、

毎度のことながら相澤先生の熱心なご指導で、沢山のことに気づき学ぶ講座となったものと思います。

*  *  *

アンサンブルの時間では、

 各パートが重なって音楽になっていく様子が楽しく、

短時間のご指導でしたのに、素敵なフルートアンサンブルに仕上がりました。

*  *  *

公開個人レッスンには、アマチュアのお二人が挑戦してくださいました。

高校吹奏楽部で頑張る齋藤朱里さん
*カンタービレとプレスト/エネスコ 作曲

*アース/村松崇継 作曲
長いブランクを経てフルートを再開したばかりの横堀輝美さん

音楽の流れをつかんだ表現のために必要な様々なことや、

演奏技術の基本にある「音程」についても、具体的に修正しながら響きを確認する細やかなご指導に

聴講された皆さんも納得のレッスンでした。

* * *

長い一日の最後に、心洗われる美しい音で、素晴らしい演奏を聴かせてくださった相澤先生、

実習講座から長時間お付き合いくださったピアニストの八谷先生、

本当にありがとうございました。

お集まりくださった皆さまに、心から感謝申し上げます。

*

 盲導犬のアーサ、今年もおとなしく待っていてくれました。

*

来年も秋に開催予定です。

フルートが好きな方なら、どなたでも参加できます。

ホームページやフェイスブックでお知らせします。ご期待ください。

イヴェント案内へ戻る

テオバルト トップへ戻る